発熱外来

■コロナ流行時、発熱、咳、鼻水、倦怠感で来院の場合

南駐車場 地図南駐車場に駐車し、直接受付に来られる前に必ず車中から携帯でクリニック:086-525-0840 までお電話をください。
受付作業はお電話で行います。


氏名、生年月日・性別、車種、車の色、車ナンバー、駐車位置をお伝えのうえ、 ご希望要件、 症状、 質問 などをお教えください。 初診の方には保険証・受給者証と交換で問診票を車までお持ちします。待機中にご記入ください。

病状の聞き取り後は、診察まで車中で待機してください。
診察は駐車場で乗車のままで行いますので、 車外へは出ないでください。
診察時のみ車の窓を開けてください。
車外の離れた位置から短時間で視診のみします。追加質問は会計時にも受け付けます。

コロナ流行時は、ゆっくり、じっくりの診察ではなく、短時間で距離を取り、接触を最小限とする感染防止に注力しておりますので、ご理解・ご協力の程お願い申し上げます。

コロナ流行時のコロナ・インフルの検査対応

◆新型コロナPCR検査

〇ご自身で唾液採取が出来る方のみ、クリニック経由で検査ができます。
車内かご自宅で、専用容器に唾液検体を採取し、夕方4時から5時までに、それを車で南駐車場まで 持参してください。スタッフが回収用ビニール袋を介して受け取り、厳重消毒後、検体を検査会社に引き渡し、PCR検査をします。

〇翌朝から翌日午後までにはその結果が判明します。

〇検査当日は一般感冒薬の処方を当院で行います。中等症以上場合は指定機関を受診する手続きを、保健所を通して行えるようご案内します。

◎ご自分で唾液採取が出来ない方は、鼻腔抗原検査検体をを車内で綿棒に取っていただき当院で検査をします。
 鼻腔PCRご希望の方は指定機関をご紹介します。

新型コロナウイルス受診相談センター(倉敷市保健所)の電話 :086-434-9819
 ◆PCR検査用 唾液の自己採取方法はこちら ⇒PDF②

◆インフルエンザ検査

〇こちらでお渡しする専用鼻かみパックに車中で鼻汁検体自己採取していただきます。
あらかじめ説明書をお渡しします。

〇車中で専用鼻かみパック自己採取したインフルエンザ検査用鼻汁検体から、スタッフが綿棒で一部を検査検体として受け取り、院内検査に回します。使用綿棒は返却しますので、鼻かみパックとともに、ご自宅で処分してください。

〇ご自分で鼻をかめない方:症状からインフルエンザが否定できず、抗ウイルス薬を希望される方は、鼻汁検査なしで、薬を処方します。